北海道中央バス株式会社 シィービーツアーズカンパニー
  • 日帰り
  • 江別市

【みる・きく・まなぶ】レンガ色に染まる江別歴史探訪(日帰り)

【みる・きく・まなぶ】レンガ色に染まる江別歴史探訪(日帰り)

米澤煉瓦工場

概要

れんがの街えべつ
江別野幌地区は「れんが」の一大生産地でした。最盛期の昭和30年代には15社もの工場が操業。当時、江別の「れんが」は「野幌れんが」の名で全国に知られていたそうです。今回はボランティアガイドさんと一緒に煉瓦の歴史をについて学んでみませんか?

<インターネット割>マイページ会員登録・申し込みの方は500円引き

  • ツアー番号
    Y0A206
  • 添乗員
    同行あり
  • 出発地
    札幌
  • 最少催行人員
    25 名
  • 募集人員
    15 名
ツアー出発日
2024年7月26日(金曜日) 催行決定
2024年8月9日(金曜日) 募集中
2024年8月23日(金曜日) 募集中
旅行代金
おとなお一人様 9,980円
【出発日】2024年7月26日(金)、8月9日(金)、8月23日(金)

<インターネット割>マイページ会員登録・申し込みの方500円引き
集合場所
中央バス札幌ターミナル1階待合室
大きい地図はこちら
利用バス会社
北海道中央バスグループ(北海道中央バス・札幌第一観光バス・ニセコバス・空知中央バス)
食事
昼食1回
目的タグ

ツアー行程

左右にスワイプすると日にちが変わります。
中央バス札幌ターミナル(8:45発)
集合時間(8:30)
セラミックアートセンター[見学60分]
案内付
ベーカリー&ベジフル マチノキ[昼食約60分]
午前11時頃の早めの食事となります。
江別駅前[見学約45分]
レンガ造りの建物見学[火薬庫・駅前噴水・時計塔など]
米澤煉瓦工場[見学約75分]
案内付(当日の操業状況で見学内容が変更となる場合がございます)
EBRI(エブリ)[買物約30分]
江別市ガラス工芸館[見学約30分]
中央バス札幌ターミナル(17:00頃)
お食事
×
×

赤字は入場観光地・青字は下車見学地となります。

※天候や道路状況、見学箇所の都合により、
到着時間や行程内容が変更となる場合がございます。

ここが見どころ

セラミックアートセンター

江別市セラミックアートセンターは、四季折々の顔をみせる自然を背景に、陶芸作品とれんがの展示室があり北海道のやきもの文化を創造していこうとする施設です。

マチノキ

トンデンフォーム&マチノキコラボメニュー

えべとんフィレザンギ焼きカレーはこだわりの江別豚(えべとん)フィレザンギをマチノキ人気NO1メニューの焼きカレーにトッピングした、マチノキいちおしメニューをご賞味いただきます。

レンガを焼いているイメージ(当日の工場の稼働状況により見学できない場合がございます)

米澤煉瓦工場

煉瓦の街えべつを代表する米澤煉瓦工場を見学したします。見学当日は操業状況により見学内容が変更となる場合がございます。(案内付き見学)

エブリ

レンガ生産地「北海道江別市」らしい建造物・旧ヒダ工場が生まれ変わった商業施設EBRII(エブリ)でお買い物をお楽しみください。

江別市ガラス工芸館

ガラス工芸館(旧石田邸)は、昭和20(1945)年頃北海煉瓦杜員だった石田惣喜知氏が建てたれんが造り三階建て107坪(約354㎡)の住宅で、 将棋の駒の形をしたマンサード屋根と半円状に張り出した窓が特徴です。

ツアーのご案内

お客様へのお願い

  • マスクの着用についてはお客様の判断に委ねます。
  • お客様がご旅行参加中に、現地の法令などに基づき隔離その他の措置が必要になった場 合はその指示に従って頂きます。またこれに要する費用はお客様の負担となります。

ツアー中のバスについて

  • 快適にご旅行を楽しむため、バス車内は禁煙とさせて頂きます。
  • 座席の事前指定は承っておりません。
  • 奇数人数でご参加のお客様のバス座席は相席となる場合がございます。
  • 休憩中、見学中はドア・窓の開放を行い車内の換気を行う場合がございます。
  • また、必要に応じて手すりなどの消毒をさせて頂きます。

スタッフについて

  • 添乗員・受付係員・バス乗務員・観光バスガイドは体調管理を引き続き行って参ります。
  • 業務中はマスクを着用して対応させていただく場合がございます。

ご注意

  • 当ツアーでは、緊急の場合を除き、ご旅行前に代表者へのご挨拶を兼ねたお電話は差し上げておりません。
  • 出発当日朝の緊急連絡先 080-1890-6029(当日以外は不通となっております。)
  • 写真は全てイメージです。
  • 予約時は「@cbt.chuo-bus.co.jp」および「@cb-tours.com」からのメールが受信できるように設定下さい。

ツアーのご案内
同じカテゴリーの他のツアーをご紹介

© Copyright © CB TOURS COMPANY All Rights Reserved.