北海道中央バス株式会社 シィービーツアーズカンパニー
  • 2泊3日
  • 新潟県

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

■佐渡島・史跡佐渡金山(世界遺産暫定リスト登録)
江戸時代から平成元年まで388年間採掘を続けた日本を代表する金銀山です。時代ごとに最先端の鉱山技術を駆使して採掘がなされ、今も良質な状態で歴史を語る遺構が現存し、その貴重な歴史を紹介しています。世界遺産登録間近と言われています。

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

■佐渡島・史跡佐渡金山(世界遺産暫定リスト登録)
江戸時代から平成元年まで388年間採掘を続けた日本を代表する金銀山です。時代ごとに最先端の鉱山技術を駆使して採掘がなされ、今も良質な状態で歴史を語る遺構が現存し、その貴重な歴史を紹介しています。世界遺産登録間近と言われています。

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

■佐渡島・史跡佐渡金山(世界遺産暫定リスト登録)
江戸時代から平成元年まで388年間採掘を続けた日本を代表する金銀山です。時代ごとに最先端の鉱山技術を駆使して採掘がなされ、今も良質な状態で歴史を語る遺構が現存し、その貴重な歴史を紹介しています。世界遺産登録間近と言われています。

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

■佐渡島・小木(たらい舟体験)
佐渡名物と言えばたらい舟。佐渡の衣装に身を包んだ女性船頭さんが巧みに操る舟は旅情を誘います。希望すればたらい舟を漕ぐことも可能です。

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

■佐渡島・トキの森公園
トキが飛翔可能な大型ケージを整備し、 自然に近い環境を再現することで、飛翔、採餌、巣作り等トキの生態を観察できるように整備されています。

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

■佐渡汽船ジェットホイル(新潟~佐渡島間)
船体を海面に浮上させて走行することで、3.5mの荒波でも時速80kmの超高速で走行することができます。船体を海面に浮上させていることから“海の飛行機”と呼ばれています。

新日本海フェリーで行く 初めての佐渡島

■新日本海フェリー らいらっく・ゆうかり
全長199.9m、総トン数18229t、旅客定員846名
の大型フェリーです。船内にはレストラン、売店、
大浴場等を完備し快適な船旅を演出します。

概要

・新日本海フェリーにて、快適な船旅をお楽しみください。
・世界遺産に登録間近の史跡佐渡金山、トキの森公園など、佐渡島を足早に見学します。
・たらい舟体験やジェットフォイル乗船(新潟~佐渡島)もお楽しみください。
・佐渡島は、観光バスガイドの案内付きです。
・帰りの苫小牧東港から札幌までは、貸切バスで移動します。

  • ツアー番号
    Y2A019
  • 添乗員
    同行あり
  • 出発地
    小樽港
  • 最少催行人員
    15 名
ツアー出発日
2024年7月23日(火曜日) 募集中
旅行代金
ツーリストA(階段式寝台) 49,800円デラックスA(専用テラス付き個室) 112,800円
(※インターネットからの申込で、上記旅行代金から▲500円引きいたします)
  ツーリストA
(階段式寝台)
ツーリストS
(1人用個室)
ステートA・B
(1~2名個室)
デラックスA
(テラス付き個室)
2名1室利用 66,800円 82,800円
1名1室利用 49,800円 56,800円 86,800円 112,800円

※長い表は横スクロールができます。

集合場所
(出発の60分前までに集合場所までお越しください。)
小樽港フェリーターミナル 待合室
大きい地図はこちら
宿泊ホテル
2泊とも船中泊となります。
利用バス会社
新潟交通(佐渡島)・高田モータース(苫小牧東~札幌)
食事
2日目・昼食1回(お弁当)
目的タグ

ツアー行程

左右にスワイプすると日にちが変わります。
(16:00集合)⚓小樽港<17:00出航>
(🚢新日本海フェリー・らべんだあ)
船中泊
(新潟港まで船内にて快適な船旅をお楽しみください。船内にレストラン・売店・大浴場など完備)
お食事
×
×
×

赤字は入場観光地・青字は下車見学地となります。

※天候や道路状況、見学箇所の都合により、
到着時間や行程内容が変更となる場合がございます。

(🚢新日本海フェリー・らべんだあ)
⚓新潟港<9:15>
(手配タクシーにて分乗移動)
⚓佐渡汽船新潟港<11:30出航>
(ジェットフォイルに乗船)※お弁当を配布いたします
⚓佐渡島・両津港<12:57>
佐渡島・トキの森公園<約30分>
(保護増殖・野生復帰中のトキを観察)
佐渡島・小木<約30分>
(たらい舟体験)
史跡佐渡金山<約40分>
(世界遺産暫定リスト掲載の史跡を見学)
⚓佐渡島・両津港<17:55出航>
(ジェットフォイル乗船)
⚓佐渡汽船新潟港<19:02>
(手配タクシーにて分乗移動)
🍴新潟市内・本町通りアーケード<約90分>
(繁華街にて各自自由夕食)
⚓新潟港<22:30出航>
(🚢新日本海フェリー・らいらっく)
船中泊
(船内にて快適な船旅をお楽しみください。船内にレストラン・売店・大浴場など完備)
お食事
×
×

赤字は入場観光地・青字は下車見学地となります。

※天候や道路状況、見学箇所の都合により、
到着時間や行程内容が変更となる場合がございます。

(🚢新日本海フェリー・らいらっく)
⚓苫小牧東港<16:45>
(貸切バスで札幌までらくらく移動)
地下鉄大谷地駅<17:45頃>
中央バス札幌ターミナル<18:15頃>
お食事
×
×
×

赤字は入場観光地・青字は下車見学地となります。

※天候や道路状況、見学箇所の都合により、
到着時間や行程内容が変更となる場合がございます。

ここが見どころ

■佐渡島・史跡佐渡金山(世界遺産暫定リスト登録)
江戸時代から平成元年まで388年間採掘を続けた日本を代表する金銀山です。時代ごとに最先端の鉱山技術を駆使して採掘がなされ、今も良質な状態で歴史を語る遺構が現存し、その貴重な歴史を紹介しています。世界遺産登録間近と言われています。
■佐渡島・史跡佐渡金山(世界遺産暫定リスト登録)
■佐渡島・史跡佐渡金山(世界遺産暫定リスト登録)
■佐渡島・小木(たらい舟体験)
佐渡名物と言えばたらい舟。佐渡の衣装に身を包んだ女性船頭さんが巧みに操る舟は旅情を誘います。希望すればたらい舟を漕ぐことも可能です。
■佐渡島・トキの森公園
トキが飛翔可能な大型ケージを整備し、 自然に近い環境を再現することで、飛翔、採餌、巣作り等トキの生態を観察できるように整備されています。
■佐渡汽船ジェットホイル(新潟~佐渡島間)
船体を海面に浮上させて走行することで、3.5mの荒波でも時速80kmの超高速で走行することができます。船体を海面に浮上させていることから“海の飛行機”と呼ばれています。
■新日本海フェリー らいらっく・ゆうかり
全長199.9m、総トン数18229t、旅客定員846名の大型フェリーです。船内にはレストラン、売店、大浴場等を完備し快適な船旅を演出します。
新日本海フェリー レストラン
海を眺めながら、ゆったりとした時間の流れの中、船上でのお食事をお楽しみください。
■新日本海フェリー 大浴場(乗船者は無料)
ボディソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー
案内所にてレンタルタオルセット300円にて貸出有り。
■新日本海フェリー デラックスA(専用テラス付)
ユニットバス、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫、浴衣、タオル
(※1~2名様で1室の利用となります。また和室タイプになる場合もございます。)
■新日本海フェリー 往路ステートA、復路ステートB
シャワーブース(往路のみ)、トイレ(往路のみ)、洗面台、テレビ、冷蔵庫、浴衣、タオル(往路のみ)
(※1~2名様で1室の利用となります。また和室タイプになる場合もございます。一部外窓なし)
■新日本海フェリー ツーリストS(個室・窓なし)
ベッド、テーブル、テレビ、照明
コンセント、キルケット、枕、シーツ
(※1名様で1室の利用となります。復路では、入口がカーテンになりますので施錠はできません。)
■新日本海フェリー ツーリストA(階段式寝台)
ベッド、荷物棚、ロールカーテン、照明、キルトケット、枕、シーツ
(※上段、下段のご希望はお受けできませんので予めご了承ください。)

ツアーのご案内

お客様へのお願い

  • マスクの着用についてはお客様の判断に委ねます。
  • お客様がご旅行参加中に、現地の法令などに基づき隔離その他の措置が必要になった場 合はその指示に従って頂きます。またこれに要する費用はお客様の負担となります。

ツアー中のバスについて

  • 快適にご旅行を楽しむため、バス車内は禁煙とさせて頂きます。
  • 座席の事前指定は承っておりません。
  • 奇数人数でご参加のお客様のバス座席は相席となる場合がございます。
  • 休憩中、見学中はドア・窓の開放を行い車内の換気を行う場合がございます。
  • また、必要に応じて手すりなどの消毒をさせて頂きます。

スタッフについて

  • 添乗員・受付係員・バス乗務員・観光バスガイドは体調管理を引き続き行って参ります。
  • 業務中はマスクを着用して対応させていただく場合がございます。

ご注意

  • 当ツアーでは、緊急の場合を除き、ご旅行前に代表者へのご挨拶を兼ねたお電話は差し上げておりません。
  • 出発当日朝の緊急連絡先 080-1890-6029(当日以外は不通となっております。)
  • 写真は全てイメージです。
  • 予約時は「@cbt.chuo-bus.co.jp」および「@cb-tours.com」からのメールが受信できるように設定下さい。

ツアーのご案内
同じカテゴリーの他のツアーをご紹介

© Copyright © CB TOURS COMPANY All Rights Reserved.