• 日帰り
  • 美瑛・上富良野
インフラわくわくツアー第1弾!五感で感じよう!「美瑛・上富良野地域」-火山との共生-

  • ツアー番号Y0B078
  • 最少催行人数15名
  • 募集人数40名
  • 添乗員同行あり
  • 出発地 札幌
  • 食事昼食1回
  • 旅行代金

    大人 5,980円  子供 5,980円 

  • 集合場所

    中央バス札幌ターミナル

ツアー期間

期間 2019年7月28日(日)
★美瑛・上富良野地域の開拓の歴史や十勝岳大正泥流と火山砂防のあら
 ましについて、実際に被害のあった地域や対策施設を巡りながら、安心
 して生活や農業ができるようになった火山地域の成り立ちを学び、地域
 とインフラ整備の関係を知る事ができる内容のツアーです。
・十勝岳山麓の美瑛町、上富良野町では1926年発生した火山泥流により
 144名もの人々が犠牲となる大災害が発生しました。
・莫大な量の硫酸性の泥土と流木に埋もれたこの地は、並々ならぬ労苦を
 注いで復旧・復興が成し遂げられました。その後、昭和37年から北海道
 庁による補助事業、昭和63年からは国直轄の火山砂防事業が着手され、
 国・自治体・地域が一体となり、火山との共生を目指す取組が進められて
 きました。
 

 

ツアー行程

1日目 中央バス札幌ターミナル<8:00> === 土の館(泥流災害からの農地復興の解説・土の標本、トラクターや農機具の見学)<約50分> === 富良野ホップスホテル(上富良野ポークソテーの昼食)<約50分> === 日新ダム(噴火による鉱毒被害対策として整備された農業用水ダムの見学・解説)<約30分> === 十勝岳火山砂防情報センター(施設の見学と火山災害・火山砂防事業の解説)<約30分> === 美瑛川床止工群とブロック堰提【青い池】(砂防堰提の見学・青い池の成り立ち解説)<約40分> === 道の駅びえい白金ビルケ(休憩)<約20分> === 中央バス札幌ターミナル<19:20頃>
お食事: 朝:   昼 :○  夕 :

青字は下車観光地、赤字は入場観光地となります。

※十勝岳火山砂防情報センター、美瑛川床止工群とブロック堰提(青い池)、
 日新ダムは北海道開発局の職員が解説、ご案内します。

※土の館は、スガノ農機(株)の職員が解説・ご案内します。

※徒歩での見学箇所が多いです、動きやすい服装、歩きやすい靴でご参加下さい
 ますようお願い致します。

※見学の際は、係員の指示に従い、安全に注意してください。

※各施設の職員が写真撮影などさせていただく場合がございます。

〇利用バス会社/北海道中央バスグループ又はドリーム観光バス

 

ご案内とご注意

※お申込みの前には必ず旅行条件書を一読下さい。
※出発の15分前までに集合場所までお越しください。
※写真は全てイメージです。
※当ツアーでは、緊急の場合を除き、ご旅行前に代表者様へご挨拶を兼ねた確認電話を差し上げておりません。
 確認電話がご入用の方は、ご予約の際にお申し付ください。
 但し、日中ご不在の場合などはご連絡がつかない場合がございますので、予めご了承ください。