• 日帰り
  • 胆振
松浦武四郎蝦夷地探査を訪ねるツアー(第2弾)胆振4地域(伊達・室蘭・白老・苫小牧)の探査ルートを訪ねるツアー

  • ツアー番号Y0A021
  • 最少催行人数25名
  • 募集人数40名
  • 添乗員同行あり
  • 出発地 札幌
  • 食事昼食1回
  • 旅行代金

    大人 6,980円 子供 6,980円 

  • 集合場所

    中央バス札幌ターミナル

ツアー期間

期間 2018年7月29日(日)

★1845年(初航)から1856年(四航)、1857年(五航)、
 1858年(六航)と全6度の蝦夷地探査の内4度、この地域一帯を
 ルートに探査を行っています。
★苫小牧から伊達までの間には、松浦武四郎に関する地域の資料が大切
 に残されています。その場所を訪ねて、地元の学芸員や地域ガイドの
 方々にお話しを伺います。
 

 

ツアー行程

1日目 中央バス札幌ターミナル<7:50> === 伊達市・有珠善光寺宝物館(見学)<約40分> === 伊達市・道の駅だて歴史の杜(休憩)<約20分> === 室蘭市・ムロラン地名発祥の地(車窓) === 室蘭市・ホテルサンルート室蘭(ランチビュッフェの昼食)<約60分> === 室蘭市・地球岬展望台(見学)<約30分> === 白老町・仙台藩元陣屋資料館(見学)<約40分> === 苫小牧市・勇武津資料館(見学)<約30分> === 地下鉄大谷地駅<18:10頃> === 中央バス札幌ターミナル<18:40頃>
お食事: 朝:   昼 :  夕 :

青字は下車観光地、赤字は入場観光地となります。

◎松浦武四郎とは
 1818年現在の三重県松阪市に生まれ、江戸幕末から明治維新にかけて、全国を歩き続けた旅行家
 ・冒険家、作家、学者。28歳(1845年)から41歳(1858年)までに合計6回の蝦夷地探査
 をし、「蝦夷地」に代わる名称として「北加伊道」などを提案。

○利用バス会社/北海道中央バス又は同等

ご案内とご注意

※お申込みの前には必ず旅行条件書を一読下さい。
※出発の15分前までに集合場所までお越しください。
※バスガイドは乗車しません。
※写真は全てイメージです。
※当ツアーは、緊急の場合を除き、ご旅行前に代表者様へご挨拶を兼ねた確認電話を差し上げておりません。
 確認電話がご入用の方はお手数ですがご出発3日前までにお電話にてお申し付け下さい。
 但し、日中ご不在の場合などはご連絡がつかない場合がございますので、予めご了承ください。